キャバクラの許可申請へ葛飾区の亀有警察署へ 元々はバーを経営されていた方が同じ箱で今後はキャストを集めて接待をしたいとの事 前回のバーの申請の際に測量した図面もあったのですが、改めて一から測量、設備の確認をします。 実査では図面のわずかなズレも浄化委員会の方は見逃してくれません。 実査は1発OKで53日で許可証取得となりました。

無店舗型性風俗の変更届出【呼称の追加】で足立区の竹ノ塚警察署へ 呼称の追加とはデリヘルで使用している店名を増やして広告で使う際に警察署へ提出します。 届出からだいたい10日程で追加した店名を記載された届出確認書が出来上がります。 届出確認書は広告をうつ際に必ず必要になるので早めの届出をして新しい届出確認書を貰いましょう。

キャバクラの代表者変更の依頼で埼玉県新座へ 新座警察署での届出は初めてだったので事前に確認と担当者へアポ取って志木駅へ。 埼玉県警の本部はかなりチェックが厳しく管轄の方も『うちは本部が厳しいから、訂正にまた来てもらうかもしれないよ』と言われましたがなんとか一発クリア 必要書類は 〇変更届出書 〇法人謄本 〇新代表者の本籍地記載の住民票...

コロナ感染拡大防止協力金の申請期日は3/25までになります。 自粛に全面的に協力された方は期日までに早めに申請をする事をおすすめします。
デリヘル(無店舗型性風俗)の使用承諾書
デリヘル(使用承諾書)の注意点を行政書士の経験から書きました。 無店舗型性風俗の届出に必要な書類になります。

デリヘル(無店舗型性風俗特殊営業)の変更届出による注意点になります。 お店を営業する上で店名やURL、の変更はよくありますが警察署によっても違うので注意して下さい。
ガールズバー、bar警察ローカルルール
ガールズバー、bar等0時以降もお酒をメインにだす飲食店は深夜酒類提供営業といって警察に届出が必要になります。当事務所では65.000円で代行致しますが、経験上各警察署ごとにローカルルールがあり追加書類を求められる事もよくあるので、ご自身で深夜酒類提供営業の届出をする際は参考にしてください。

5年ぶりに飲食店営業許可の申請の為小岩へ。 江戸川区でのカウンターバー開業の依頼で店舗の調査 居抜き物件なので水回りはほぼ完璧 あとはウェスタン扉とガス屋さんに連絡してお湯が出ればOKな状態 とにかく急いでオープンしたいとの事で計器類、温度計、蓋付きゴミ箱は当日用意で間に合わせます。 測量が済んだら申請書と図面を持って江戸川区保健所へ...
流行りのアミューズメント系バー
ガールズバー、barなど深夜酒類提供営業の届出をしていますが、最近夜のお店も多様化していき、アミューズメント系バーのご依頼、問い合わせも増えてきました。 そこで風俗営業専門の行政書士としてアミューズメント系バーと風営法の接待について書きました。

デリヘル(無店舗型性風俗特殊営業)を成功させるのはとても難しい時代です。10年業界を見てきた行政書士が個人的な見解で成功へのヒントになればと書きました。

さらに表示する