深夜営業許可

深夜営業許可は正式には「深夜における酒類提供飲食店営業許可」といい、居酒屋、ガールズバー、スナックなどお酒の提供をメインとするお店で、深夜(午前0時から午前6時まで)も営業する場合に必要です。レストラン、ラーメン店、定食屋などのように、食事の提供がメインのお店の場合は、深夜12時を超えてお客にお酒を提供する場合でも深夜営業許可は必要ありません。ただ、深夜営業許可が必要かどうかの判断は難しく、警察の調査が入った場合にメニューの中にラーメンやおにぎりなどがあって「うちは食事の提供がメインです」と言っても却下されてしまうことがあります。申請が必要かどうか確認されたい方は当事務所までご相談ください。

深夜営業許可の禁止事項

1、接待

深夜営業許可を取得している店では接待を行うことはできません。接待は主に以下のようなものを指します。

・少人数で談笑したり特定のお客様にお酌をする

・特定のお客様にショーを見せたり歌を聞かせたりする

・特定のお客様のカラオケを盛り上げたりデュエットをする

・特定のお客様とともにポーカーやダーツなどのゲームをする

 

2、遊興

深夜営業許可を取得している店では深夜0時以降にお客様に遊興をさせることはできません。遊興とは「店側が積極的に客を遊びに興じさせる行為」のことをいい、以下のようなものを指します。

・客にショーやダンスなどを見せる

・客に歌手の歌やバンドの生演奏等を聴かせる

・客にダンスをさせる場所を設け、客にダンスをさせる

・カラオケ大会、ダーツ大会等に客を参加させる

 

接待を行う場合は「風俗営業許可」を、深夜0時以降に遊興を提供する場合は「特定遊興飲食店営業許可」を取得しましょう。ただし、どちらも「深夜営業許可」と同時に取得することはできません。お店のサービス内容をよく検討しましょう。

 

人的要件

深夜営業許可は届出なので、人的要件は定められていません。

過去に犯罪歴があった者でも申請が可能です。

場所的要件

1、用途地域を確認する

地域区画には「用途地域」という利用目的による区分がされていて、「住宅」に区分される地域では深夜営業ができないと定められています。いい物件を見つけた場合は、契約の前にその物件で営業可能かどうかを確認しましょう。なお、担当の不動産会社でも物件の用途地域まで把握していることは少なく、用途地域は市役所に電話すれば簡単に調べることができるので自分で調べるようにしましょう。

 

深夜営業ができる地域

・商業地域

・近隣商業地域

・準工業地域

・工業地域

・工業専用地域

・その他用途が指定されていない地域

 

深夜営業ができない地域

・第1種低層住居専用地域

・第2種低層住居専用地域

・第1種中高層住居専用地域

・第2種中高層住居専用地域

・第1種住居地域

・第2種住居地域

・準住居地域

 

2、スライダックスが設置されていない

深夜営業での店内の明るさは風営法で定められているため、店内の明るさが調整できるスライダックス(調光器)の設置はできません。

 

3、客室が2室以上の場合は面積が9.5㎡以上ある

客室が2室以上となる場合は、1室の面積が9.5㎡以上必要です。客室が1室のみであれば面積の制限はないため、面積が9.5㎡以下であっても問題ありません。

 

4、客室内には見通しを妨げる1mを超える設備が設置されていない

客室内は、ある1か所から全体を見通すことが出来なければなりません。ボックス席を区切るつい立やカウンターチェアーなど、最大の高さが1mを超えるものは認められません。

必要書類

・営業開始届出書・営業の方法

・本籍入りの住民票(法人の場合は役員全員分)

・飲食店営業許可証のコピー

・用途地域証明書

・営業所の平面図、求積図、照明・音響設備配置図

・メニュー表

※法人の場合は、定款、会社登記簿も必要