デリヘル(無店舗型性風俗特殊営業)

デリヘル(無店舗型性風俗)の使用承諾書
デリヘル(使用承諾書)の注意点を行政書士の経験から書きました。 無店舗型性風俗の届出に必要な書類になります。

デリヘル(無店舗型性風俗特殊営業)を成功させるのはとても難しい時代です。10年業界を見てきた行政書士が個人的な見解で成功へのヒントになればと書きました。
デリヘル(無店舗型性風俗特殊営業)の変更届出の手続きについて変更できる内容とできない内容があります。 基本的に名義変更という制度はありません。
デリヘル営業の方法の記載例
①氏名、又は名称ですがご自身の名前を書いて下さい。  法人の場合は会社名を謄本通りに 株式会社〇〇〇〇と正確に書きます。 ②広告又は宣伝する場合に使用する呼称は店舗名になります。 ③事務所の所在地ですが、これは賃貸借契約書の住所表示通りに事務所住所を書いて下さい。 ④無店舗型性風俗特殊営業の種別は【1号の1】を書き込んで下さい。...

無店舗型性風俗開始届出書の記載例
無店舗型営業開始届出書(デリヘル) 【デリバリーヘルス、派遣型性感エステ】をはじめるには営業開始の届出、営業の方法の届出を管轄の警察署に提出しなければなりません。 その際の営業開始の10日前までに警察署を通して各都道府県公安委員会にへ届け出されます。 写真の別記様式25号第52号関係 営業開始届出書になります。...

繁華街の風景
デリヘル(無店舗型性風俗)の開業をされる方は種別、必要書類を確認ください。デリヘルは事務所を管轄する警察署へ届出をする必要があります。