デリヘル開業、成功するには

デリヘル開業で成功するには?と書いてますが自分自身デリヘルを営業して売り上げを叩きだして成功したことなどありません。

ただ風俗営業専門の行政書士として8年間ほど関東地域で数々の無店舗型性風俗特殊営業【デリヘル、エステ】の届出、相談、コンサルティング的なサポートをさせて頂きました。

その中で売り上げを作り続けている営業者さんを見てきたので、今お店をやろうか、辞めようか悩んでる方の一つ参考になればと思います。

お金の事、開業資金。

まずはなんといっても資金です。

 

ネットなどでデリヘル開業200万からできる!

 

副業にピッタリ!デリヘル開業!

 

など目にしますが、真に受けるとだいたい6ヶ月ぐらいで潰れて廃業届を所轄に提出するハメになります。

デリヘルは受付所や、看板がないのでフリーのお客さんがふらっと入る事はありません。

やはり広告費、家賃、求人広告、雑費、ランニングコストを考えると1500万(できれば2000万)ぐらいが開業資金としての目安だと思います。

 

ただこれは都内の話なので地方で開業する場合は500万~ぐらいからスタートしてうまくいってる方もおられます。

 

また他の仕事と掛け持ち、片手間でデリヘル経営などは無理です。

潤沢な資金があり元店長や経験者スタッフを雇って開業前から女性キャストも揃ってる状態なら可能ですが、開業当初はみなさん寝る間もなく、求人面接、送り迎え、電話対応に追われてます。

 

お店のコンセプト

何となく稼げそうだしデリヘルやってみるか。。とフワッとした感じで始めてもうまくいきません。

デリヘルをやるのは決まったがどんな店にするかはまだ考えてない、、その状態で開業届出の相談に来られる方は多いです。

 

客層(若者が多いのかおじさんの街なのか、富裕層が多いか等)

 

競合他社の数(大手グループがひしめき合っている)

 

出店する地域性(ホテルはあるか、風俗営業は盛んか)

 

など考慮し、店の名前、コンセプト、派遣場所、料金設定など考えます。

 

 

王道の素人、清楚、ロリ系

【一番需要がある、大手グループと被るので求人が難しい、いい子程好待遇の大手に行ってしまう為求人が安定しない。】

 

人妻系

【求人で集めやすい、若い女性も若妻でOK、若い女性より離職率が低い、相場の料金が安いので薄利多売になる】

 

マニアック系

【需要が低いがリピーターになりやすい、富裕層のお客さんが多い、オプションサービスなど細やかなシステムが必要で営業者の方がある程度業界をわかっている必要がある】

 

高級店系

【高料金設定で少ない本数でも利益が出しやすい、綺麗で雰囲気のいい女性を集める必要がある、妥協してカラーに合わない女性を採用すると信用を失う。】

 

また高級店系は単価が高い分女性キャストは集めやすいが集客が大変です。

今時は一般的なお店でも綺麗な女性は沢山在籍しているのでホームページの写真や説明文などかなり凝った売り出し方が必要です。

主役は女性キャスト

なんといっても女性キャストの求人、管理が大事です。

お客さんはお店が目当てではなく、女性キャストをお目当てしてやってきます。

なのでせっかくの会員さんもお気に入りの女性キャストが他店へ移動した場合は居なくなってしまいます。

 

数ある求人、数ある店舗から選んで面接に来られた女性キャストには丁寧な対応、嘘の無い面接がひつようです。

最初のバック額、サービス内容などで嘘があると必ず女性キャストは不安、不振になり最悪ネット、SNSで晒されたりすると一気のお店の信用を失います。

 

面接後、採用になり講習を行う場合は口頭講習、ビデオ講習がオススメです。

店長との実技講習はトラブルになる事がときどきあります、どうしても実技講習をする場合業界の慣習に従って女性キャストに5000円をお渡ししましょう。

 

営業者として本番行為の強要への防止策、対応など丁寧に伝える必要があります。

 

 

 

 

待機所を設けている場合は女性が居心地のいい場所になるよう努めましょう。

充実した充電用のコンセントの数、お仕事セットの補充品、トイレにはアメニティセットなどがあるといいです。

 

人気店の事務所や待機室は整理整頓されていて清潔に保たれてるお店が多いです。

待機所は女性がお客さんを待つ場所で、時になかなかお客さんが付かずにイライラしてる場合もありますので、女性に対するフォローやまた出勤したいと思わせるお店作りが必要になります。